佐野史郎がモデルらしい◆『探偵ガリレオ』東野 圭吾

http://www.amazon.co.jp/%E6%8E%A2%E5%81%B5%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%82%AA-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9D%B1%E9%87%8E-%E5%9C%AD%E5%90%BE/dp/4167110075%3FSubscriptionId%3D0VAWWSARBPKZT483PSR2%26tag%3Dakane-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4167110075

探偵ガリレオ (文春文庫)

  • 東野 圭吾(著) 
  • 文藝春秋
  • ¥ 570 [文庫] 2002-02-10
  • ISBN:9784167110079 / ASIN:4167110075

テレビドラマでは福山雅治が演じたガリレオ。小説ではどうやら佐野史郎がモデルらしい。

小説のガリレオ先生は福山とはほど遠いと感じたのだけど、佐野史郎と聞いて納得。しかし、後半に行くに従って佐野史郎色は薄くなってゆく。もともと東野圭吾の小説は特に好きでもないのだけど、これもドラマを見てなかったら読まなかっただろうなぁ。

ドラマは設定がかなり変更されていると聞いて、どこが違うのか読んでみたかったのだった。キャラクターだけではなく、トリックについてもかなり脚色や変更がされている。ドラマはドラマで面白いのだけど、この小説通りの設定でのドラマ化も見てみたい。

東野圭吾の文章というのは、簡潔でわかりやすくてそこが多くの読者から支持されている理由なのだろうけれど、私にとってはなんとなくモノ足りず、映画などのノベライズに近いような淡泊な印象。ストーリーも多少ご都合主義的な部分があって、おいおい…と突っ込み。探偵小説に求める、膝を打つような痛快さというのがあんまりないのだった。

Pocket