読後感が好き◆『きみがいた時間ぼくのいく時間』梶尾 真治

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8D%E3%81%BF%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%9F%E6%99%82%E9%96%93-%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%8F%E6%99%82%E9%96%93-%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%A5%87%E8%B7%A1-%E6%A2%B6%E5%B0%BE-%E7%9C%9F%E6%B2%BB/dp/4257790555%3FSubscriptionId%3D0VAWWSARBPKZT483PSR2%26tag%3Dakane-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4257790555

きみがいた時間 ぼくのいく時間-タイムトラベル・ロマンスの奇跡-

  • 梶尾 真治(著) 
  • 朝日ソノラマ
  • ¥ 1,260 [単行本] 2006-06-23
  • ISBN:9784257790556 / ASIN:4257790555

演劇集団キャラメルボックスが舞台化。タイムマシン、クロノス・ジョウンターシリーズ。このシリーズは、舞台も小説も好き。

この本ではクロノス・ジョウンターはあまり出てこなかったけれど、いろいろな形のタイムトラベルものの短編が粒ぞろい。表題作は舞台ではかなり膨らませてあったけれど、原作はシンプルな一編。舞台は舞台でよかったけれど、この作品については、原作のほうがいいような気がする。舞台も、再演で少し手直しされるともっと良くなるのかもしれない。

梶尾真治さんのタイムトラベルシリーズは読後感が好き。完璧なハッピーエンドではないんだけど、こういう幸せもあっていいよね、っていうような、安心した気持ちになれるのだった。

演劇集団キャラメルボックス「きみがいた時間 ぼくのいく時間」
http://www.caramelbox.com/stage/kimijikan/index.html

Pocket