真実はどこに◆『ながい旅』

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%81%84%E6%97%85-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%A4%A7%E5%B2%A1-%E6%98%87%E5%B9%B3/dp/4041211085%3FSubscriptionId%3D0VAWWSARBPKZT483PSR2%26tag%3Dakane-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4041211085

ながい旅 (角川文庫)

  • 大岡 昇平(著) 
  • 角川書店
  • ¥ 620 [文庫] 2007-12
  • ISBN:9784041211083 / ASIN:4041211085

「明日への遺言」というタイトルで映画化され話題になっていたので、原作を読んでみた。大岡昇平は「野火」や「俘虜記」を昔読んだことがあって、割と好きな作家だったので、気軽に読み始めたのだけど、小説ではなくてノンフィクション調だったので、ちょっと読みにくかった。まず、軍隊の役職・階級がわからない。一応、説明はされているのだけど、馴染みがないのでチンプンカンプンだった。

主な内容は裁判の経過。岡田資(たすく)氏は、米兵捕虜の処刑容疑でB級戦犯に問われたのだが、責任を一身に負って部下を守り抜きひとりで刑をかぶった…ということらしい。同様の裁判で死刑判決が出た場合も、執行されることは少なかったようなのだけど、岡田氏は昭和24年に刑死している。裁判中もそうだが、獄中での態度も立派で、日米双方の関係者から尊敬を集めていたようだ。

岡田氏が立派な人物らしいということは分かったけれど、一方で、戦場で指揮を執った作戦については批判もあるようで、どういう点を判断基準にすればいいのかよくわからなかった。自分のしたことについて、潔く責任をかぶったということなのかというと、そういう訳でもないようで、客観的(かどうかは分からないけど)な資料としては読む価値があるかもしれないけれど、小説形式にしたほうが理解しやすそう。小説だとフィクション性が高まるのだろうけど、逆にそのほうが物事の真実が伝わったりするものなのだ。

そういう意味では映画を先に見た方が分かりやすかったかも。

http://www.amazon.co.jp/%E6%98%8E%E6%97%A5%E3%81%B8%E3%81%AE%E9%81%BA%E8%A8%80-%E7%89%B9%E5%88%A5%E7%89%88-DVD-%E5%B0%8F%E6%B3%89%E5%A0%AF%E5%8F%B2/dp/B0019546LO%3FSubscriptionId%3D0VAWWSARBPKZT483PSR2%26tag%3Dakane-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB0019546LO

明日への遺言 特別版 [DVD]

  •  
  • 角川エンタテインメント
  • ¥ 4,935 [DVD]
  • ISBN:4988126205751 / ASIN:B0019546LO
Pocket