本当にやってないの?◆映画『それでもボクはやってない』

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%9D%E3%82%8C%E3%81%A7%E3%82%82%E3%83%9C%E3%82%AF%E3%81%AF%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%81%84-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-DVD-%E5%91%A8%E9%98%B2%E6%AD%A3%E8%A1%8C/dp/B000QJLROI%3FSubscriptionId%3D0VAWWSARBPKZT483PSR2%26tag%3Dakane-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB000QJLROI

それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]

  •  
  • 東宝
  • ¥ 3,990 [DVD]
  • ISBN:4988104043627 / ASIN:B000QJLROI

かなり深刻なテーマを扱っていると思うんだけど、映画として面白かった。つまらない映画は途中で時間が気になるものだけど、これは最後まで飽きずに見られた。

痴漢えん罪事件は実際に何件も起こっているのだけど、果たして本当にえん罪だったのかどうかっていうのは世間の人々も気になるところだと思う。無罪になっても「本当にやってないの?」っていう目で見られてしまうのではないかなぁ。そう思うと、裁判なんてやらずに、やってなくても「やった」って認めて示談金を払ってしまうほうが実はいいのではないかとか考えてしまう。そのほうが世間に知られなくて済むのだったら…。

映画では最初からずっと主人公はえん罪を主張していて、実際になにもしていないという前提で語られている。そして、ラスト。裁判の判決が出る。

そこでハタと思った。え。本当にこの人はやっていないんだろうか…。

思い返してみれば、映画の冒頭で主人公が痴漢と間違えられて駅の事務所に連れて行かれるシーンははっきり描かれているのだけど、痴漢を「やっていない」という証拠の映像は“ない”のだった。

そこに監督の意図を感じる。最後の最後で、自分が裁判員になったような気分。いままでの経過を見てきて、あなたはこの人を無罪にしますか? それとも有罪にしますか? と問われている感覚に陥ったのだった。やるな、周防監督。

Pocket