阿刀田高も楽しめる◆『チェーホフを楽しむために』阿刀田 高

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%9B%E3%83%95%E3%82%92%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%82%80%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%98%BF%E5%88%80%E7%94%B0-%E9%AB%98/dp/4101255326%3FSubscriptionId%3D0VAWWSARBPKZT483PSR2%26tag%3Dakane-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4101255326

チェーホフを楽しむために (新潮文庫)

  • 阿刀田 高(著) 
  • 新潮社
  • ¥ 580 [文庫] 2008-12-20
  • ISBN:9784101255323 / ASIN:4101255326

シェイクスピアよりもチェーホフのほうが好き、なのだけど、ではチェーホフの戯曲のあらすじは? と聞かれると…すっかり忘れている。

あらすじというよりも作品全体の雰囲気、そのストーリーを包み込む空気のようなものが好きなのだ。

そのチェーホフを、阿刀田高が読むとどうなるのか、興味があった。

もともと、阿刀田氏の「○○を楽しむために」とか「○○を知っていますか」というシリーズが好きだったので、阿刀田×チェーホフを楽しみたいというのもひとつ。

チェーホフは、有名な戯曲しか読んでいなくて、そのほかの小説作品ってどうよって思っていたのだけど、この本を読んでみたらやっぱり小説より戯曲なのだと思った。読んだことのない小説を読むよりは、過去に読んだ戯曲をもう一度読み返したくなったのだった。

シェイクスピアは、作品のストーリーや解説を読めばなんとなくわかった気になる。しかしチェーホフは、作品そのものを読んでみないと、あの微妙な空気はわからない。阿刀田氏をもってしても、チェーホフ作品の絶妙なニュアンスまでは伝わらず、結局、読んでみるのが一番てっとりばやいんじゃない? と思った。

しかし、短編小説家という同業者としての視点からのチェーホフ論というのはなかなか面白くて、チェーホフというフィルターを通して、阿刀田高を楽しめる一冊である。

Pocket