ちょっともの足りない◆『 裁判官の爆笑お言葉集』

http://www.amazon.co.jp/%E8%A3%81%E5%88%A4%E5%AE%98%E3%81%AE%E7%88%86%E7%AC%91%E3%81%8A%E8%A8%80%E8%91%89%E9%9B%86-%E5%B9%BB%E5%86%AC%E8%88%8E%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E9%95%B7%E5%B6%BA-%E8%B6%85%E8%BC%9D/dp/4344980301%3FSubscriptionId%3D0VAWWSARBPKZT483PSR2%26tag%3Dakane-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4344980301

裁判官の爆笑お言葉集 (幻冬舎新書)

  • 長嶺 超輝(著) 
  • 幻冬舎
  • ¥ 756 [新書] 2007-03
  • ISBN:9784344980303 / ASIN:4344980301

見開き2ページでひとつのお言葉完結。電車の中で軽く読めるところはいい。けど、解説が1ページだけではちょっともの足りない。

ひとつのお言葉をじっくり掘り下げたものも読んでみたいものだ。

以前、法学の授業のレポートを書くために一度だけ裁判を傍聴したことがある。社会勉強としてはなかなかよかった。機会があればまた傍聴してみたいとは思うけれど、それほどの熱意もなく、結局その後は一度も行っていない。

しかしその一度の傍聴でも、なんとなく裁判所の雰囲気が分かるので、お言葉集も、なんとなくその裁判の状況が想像できて面白く読めた。マニアが書いた一般向けの本といったところ。マニアには物足りなく、一般人には物珍しいものかもしれない。

Pocket