仕事じゃなくても役に立つ◆『仕事で使える!「Twitter」超入門』小川 浩

http://www.amazon.co.jp/%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%A7%E4%BD%BF%E3%81%88%E3%82%8B-%E3%80%8CTwitter%E3%80%8D%E8%B6%85%E5%85%A5%E9%96%80-%E9%9D%92%E6%98%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8INTELLIGENCE-%E5%B0%8F%E5%B7%9D-%E6%B5%A9/dp/4413042506%3FSubscriptionId%3D0VAWWSARBPKZT483PSR2%26tag%3Dakane-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4413042506

仕事で使える!「Twitter」超入門 (青春新書INTELLIGENCE)

  • 小川 浩(著) 
  • 青春出版社
  • ¥ 798 [新書] 2009-09-25
  • ISBN:9784413042505 / ASIN:4413042506

別のツイッター本を買いに行ったらまだ発売日前だったので、店頭で見つけたこの本を買ってみた。ツイッターを仕事で使うわけではないので、軽く読み流そうと思ったのだけど、なかなかどうして面白かった。

ツイッターというのはミニブログサービスと説明されることが多いのだが、一言で言えるようなものではない。ブログのようでブログでなく、掲示板のようで掲示板でなく、チャットのようでチャットでないもの。お化けみたいだ。

だから、ツイッターをまったく知らない人が本を読んでも、チンプンカンプンかもしれない。(一応、そういう人にもわかるように説明はされているのだけど、ツイッターの概念を文章だけで説明するのは相当に難しい)

ツイッターをしばらくつかってみて、その面白さにはまっている最中なのだけど、使い方としては簡単。「いまなにしてる?」という問いかけに答える形で入力欄に140字でつぶやきを入力し、投稿すればいいだけ。別になにしているかということに忠実に答える必要はなくて、つぶやきは多岐にわたる。

いたってシンプルなのだけど、ユーザー間で作られたマイナールールがいろいろある。同じテーマについて語るときには#(ハッシュ)タグを付けるとか、他人のつぶやきを転載するときにはRT(ReTweetの略)をつけるとか。これを一通り覚えるまでがちょっと大変だが、それさえクリアすればあとは楽しくてゆるーいコミュニケーションの世界が広がるのだ。

そんなシンプルなサービスだから、わざわざ使い方の本を読むまでもない、なんて思っていたんだけど、読みながら、なるほど、なるほど、そうだったのか、ということがいっぱい。こんな使い方があったのか、こんな可能性が秘められていたのか、などなど。商用利用の成功事例、実験的な使い方、今後展開されるであろう事業の紹介がされていて興味深い。

シンプルなだけに、今後、さまざまな活用法が考えられ、思いもよらなかったサービスが登場する可能性もある。ツイッターが今後どんな風に発展してゆくのか楽しみなのだった。

私のツイッターアカウントは @noriko_v 。この本の著者のアカウントは @ogawakazuhiro 。本の著者と簡単にコミュニケーションが取れてしまうところもツイッターのすごいところ。

■Twitter(ツイッター)
http://twitter.com/

Pocket