シンとした世界◆『きつねのはなし』森見 登美彦

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8D%E3%81%A4%E3%81%AD%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%A3%AE%E8%A6%8B-%E7%99%BB%E7%BE%8E%E5%BD%A6/dp/4101290520%3FSubscriptionId%3D0VAWWSARBPKZT483PSR2%26tag%3Dakane-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4101290520

きつねのはなし (新潮文庫)

  • 森見 登美彦(著) 
  • 新潮社
  • ¥ 500 [文庫] 2009-06-27
  • ISBN:9784101290522 / ASIN:4101290520

森見登美彦は面白いよ、と友人から教えてもらっていたので、新潮文庫の100冊に入っていたこの本を買ってみた。不思議、不思議のきつねのはなし。

短編集だけど、ゆるく繋がっている感じ。京極夏彦のように明快な謎解きはない。不思議は不思議のまま。いったいなんだったの? とちょっと気持ち悪さが残るけど、それがいいのかもしれない。

シンと冷えた空気が漂う世界だった。

Pocket