本の世界の裏話◆『何がなんでも作家になりたい!』鈴木 輝一郎

http://www.amazon.co.jp/%E4%BD%95%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A7%E3%82%82%E4%BD%9C%E5%AE%B6%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%9F%E3%81%84-%E9%88%B4%E6%9C%A8-%E8%BC%9D%E4%B8%80%E9%83%8E/dp/4309014984%3FSubscriptionId%3D0VAWWSARBPKZT483PSR2%26tag%3Dakane-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4309014984

何がなんでも作家になりたい!

  • 鈴木 輝一郎(著) 
  • 河出書房新社
  • ¥ 1,365 [単行本] 2002-09
  • ISBN:9784309014982 / ASIN:4309014984

作家になるための指南書。ではあるのだけど、文章の書き方ではなく「職業としての作家」について書かれている。

収入の内訳から、原稿の依頼のされ方、本になるまでの工程など、出版業界の裏話も満載で、作家志望でなくとも本好きには興味津々の内容。デビューまでの近道はまず賞に応募すること。賞を取った後も作家として食べていくにはどうしたらよいか、かなり具体的で面白い。

作品が売れれば印税だけで食べていける…なんて甘い世界ではないことがよくわかる。一発当てるのだって大変なのに、一発屋で終わらずに、ずっと作家やっていくのって、相当大変なことなのだ。

Pocket