結末に感動◆『星を継ぐもの』ジェイムズ・P・ホーガン

http://www.amazon.co.jp/%E6%98%9F%E3%82%92%E7%B6%99%E3%81%90%E3%82%82%E3%81%AE-%E5%89%B5%E5%85%83SF%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BBP%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%B3/dp/448866301X%3FSubscriptionId%3D0VAWWSARBPKZT483PSR2%26tag%3Dakane-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D448866301X

星を継ぐもの (創元SF文庫)

  • ジェイムズ・P・ホーガン(著) 池 央耿(翻訳)
  • 東京創元社
  • ¥ 735 [文庫] 1980-05-23
  • ISBN:9784488663018 / ASIN:448866301X

SFの名作ということで、読んでみた。書かれたのは1970年代。人類が月に降り立ち、宇宙への期待が高まっている頃かな。

面白かったのだけど、いかんせん、私にとってはサイエンス色が濃くて、科学とか宇宙船とかの説明にちょっと辟易。好きな人にはたまらないんだろうけれど…。それでなかなか読み進められず、時間がかかってしまった。

物語のなかでは地球人たちは月や木星へ進出していて、宇宙科学が発達している。そこに、月から人類とそっくりな遺体が見つかり騒然となる。遺体は5万年も前のものだった。果たして、そのナゾは…。

サスペンス的な謎解きの要素があって、途中の難しい科学な話はすっとばして読んでも十分楽しい。最後に解かれたナゾにはっとして、感動。フィクションだけど、なんだか夢があっていい。名作たる所以。

Pocket