ドラマ化して欲しい◆『謎解きはディナーのあとで』東川 篤哉

http://www.amazon.co.jp/%E8%AC%8E%E8%A7%A3%E3%81%8D%E3%81%AF%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%81%82%E3%81%A8%E3%81%A7-%E6%9D%B1%E5%B7%9D-%E7%AF%A4%E5%93%89/dp/409386280X%3FSubscriptionId%3D0VAWWSARBPKZT483PSR2%26tag%3Dakane-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D409386280X

謎解きはディナーのあとで

  • 東川 篤哉(著) 
  • 小学館
  • ¥ 1,575 [単行本] 2010-09-02
  • ISBN:9784093862806 / ASIN:409386280X

2011年本屋大賞受賞作。大賞受賞の前から話題になっていたのと、執事とお嬢様という設定に惹かれて読んでみた。

設定や登場人物のキャラクターが秀逸で、謎解きも面白く読めたのだけど、人間関係の展開がないのね。執事の経歴はナゾのままだし(実は○○だった、という展開を期待していた)、お嬢様も最後までお嬢様のままだし。

続編が出たら読むかどうか迷う。この作者の別の作品は…いまのところはいいや。

でもこれ、ドラマ化したら面白そう。キャストを妄想するのが楽しいだろうな。

Pocket