「あたり」キャスト◆『エリザベート』東宝ミュージカル

『エリザベート』 2012年5月9日-6月27日帝国劇場 脚本・歌詞/ミヒャエル・クンツェ 音楽・編曲/シルヴェスター・リーヴァイ 演出・訳詞/小池修一郎 出演/春野寿美礼(Wキャスト/瀬奈じゅん)、山口祐一郎(トリプルキャスト/石丸幹二、マテ・カマラス)、髙嶋政宏、岡田浩暉(Wキャスト/石川禅)、杜けあき(Wキャスト/寿ひずる)、平方元基(トリプルキャスト/大野拓朗、古川雄大)、春風ひとみ、岸 祐二、伊東弘美、小笠原みち子、河合篤子、大谷美智浩、治田敦、阿部裕ほか

久しぶりの観劇。比較的前方のよい席で見やすかった。春野寿美礼さんは初めてみたけれど、よかった。一路真輝さんのあと、エリザベート役がなんとなく貧相というか庶民的な人ばかりだったのだけど、春野さんはオーラ、風格があって満足。歌もうまい。一路さんのが好きだけども。

ほかのキャストも歌の上手い人が揃っていて、今回は「あたり」だね、と友人と話した。演出やセットなどは多少変更があったようだけど、嫌な感じではなく、バージョンアップした印象。全体的にキャストも若返りをはかっているのかな。今後も進化を期待。ルキーニの高嶋さんがいつまで続くのか気になるところ。

岡田浩暉さんのフランツ・ヨーゼフもとてもよし。またこのキャストで見たいな。

山口祐一郎さんはいつも通りの安定感。この役がいちばんの当たり役なんだな。年齢的にどこまでやれるのか。「死(トート)」という年齢不詳の役だから、いつまででもできるのだろうけど、エリザベートと愛を語らなきゃいけないからやっぱりあんまり年寄りではまずいだろうとは思う。

ミュージカル「エリザベート」
http://www.tohostage.com/elisabeth/

Pocket