1割には必要◆『日本人の9割に英語はいらない』成毛 眞

自分自身が英語が苦手で、「日本に住んでるんだから日本語が話せれば十分」と言っている。逆に、日本人が日本で、日本語で生活できなくなったら大問題だ。

まぁ、一種の英語コンプレックスなんだけども。そりゃ、英語に限らず、外国語ができたらいいなぁという思いはかなり強いのである。

本書はそんな英語コンプレックスな人たちに向けた本…なのかな。9割にいらない、と言っているけれど、1割には必要、とも言っている。10人に一人は英語が話せるほうがいいのだ。けっこうな割合だと思う。

要するに、必要もないのに英語を勉強することにお金と時間を費やすのは無駄だということ。本当に必要な人だけが勉強すればいいと。ほんとうにそう思う。英語を勉強する前に他に学ぶことがあるだろう、とも思う。

英語は目的ではなく、手段。目的の為に必要ならば学べばいいし、必要なければ無理に学ぶ必要はないのだ、ということを改めて確認したのだった。

Pocket