さっぱりわからん◆『ざっくり分かるファイナンス』石野 雄一

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%96%E3%81%A3%E3%81%8F%E3%82%8A%E5%88%86%E3%81%8B%E3%82%8B%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B9-%E7%B5%8C%E5%96%B6%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%92%E7%A3%A8%E3%81%8F%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E8%B2%A1%E5%8B%99-%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E7%9F%B3%E9%87%8E-%E9%9B%84%E4%B8%80/dp/4334033970%3FSubscriptionId%3D0VAWWSARBPKZT483PSR2%26tag%3Dakane-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3D4334033970

ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務 (光文社新書)

  • 石野 雄一(著) 
  • 光文社
  • ¥ 756 [新書] 2007-04-17
  • ISBN:9784334033972 / ASIN:4334033970

ざっくりどころかさっぱり分からなかった。でも書評など見ると「わかりやすい」「どの本を読んでも分からなかったのに、この本でわかった」などという感想が多いので、これで分からない私は、他にどの本を読んでも分からないだろうと思う。

ファイナンスって、会計よりも簿記よりももっと大きな視点が必要なんだろう。小規模な商店とかってレベルじゃなくて、もっと大きな企業の話だっていうのはわかった。…つまり、私にはあまり関係ない。

そんなことはわかっていたんだけど、株式投資したりするときに企業情報が分かった方がいいんだろうな、なんて魂胆で読み始めたのだった。結果、わけわからん。つまり、私には企業情報を読み解いて株式投資するなんてことは、あんまり向いてなさそう。

わからないながらも、最期まで(とばし読みだけど)読めたっていうのは、タイトル通り、内容はかなり「ざっくり」した説明だったらしい。企業の経営にはいろんな要素が絡んでくるのね、なかなか一筋縄ではいかないのね、って思いつつ、計算式なんて出てくると頭の中は「?」でいっぱい。ひとつひとつ、理解しながら読めば、きっとわかりやすいのだと思う。今のところ、私には関係ないから「ざっくり」読んで、おしまいにした。

Pocket