もやもやする◆『彼女は頭が悪いから』姫野 カオルコ

実際の事件を題材にした小説(フィクション)。この事件は当時のニュースで知って印象に残っていた。どこまでフィクションに置き換わっているのかも興味深かったのだけど、事件そのものはほぼ実際の状況を再現しているようだった。そこもフィクションに置き換えてもよかったと思うけれど、割り箸とかドライヤーとか、実際のニュースでも報道されたキーワードが出てきてちょっともやもや。というのも、物語の世界よりも、実際の事件との差違について考えてしまって、気もそぞろになってしまった。完全にフィクションで事件そのものの内容も実際とは変えてあれば、物語に没頭できたのに。

一方で、ノンフィクションとは違って、登場人物たちの名前や経歴は変えてある(と思う)。事件が起こるまでの出来事も、どこまでが作者の想像でどこまでが事実なのかがよくわからないから、ここでももやもや。個人的には、中途半端なフィクションよりは、ノンフィクションのほうがすっきりしていい。

前知識なしに小説として読んだらどうか、と考えてみたけれど、うーん。

事件の起こるまでの経緯も、結果も、やっぱりもやもやのまま。東大生のグループが女子大生を部屋で裸にしてわいせつ行為をした、という事件なのだけど、レイプはしていないし、わいせつ目的というよりは女性をからかって貶めるような、ふざけ目的だったみたい。当時のニュースでも、事件の詳細が報道されていたけれど、そのあたりがもやもやしていて、この加害者たちはいったいなにをしたかったんだろう、って疑問だった。

小説では、そのあたりの疑問については一応の答えがあって、それを明かにするための物語のようだった。世の中には、エリート意識にとらわれていて、自分よりも地位や学歴が低いと思われる人々を蔑んだりバカにしたり見下したりする人々がいる。不幸にもそういうグループの被害にあってしまった普通の女子大生。その溝は、事件の前も後も、埋められない。加害者たちは自分に落ち度があったとは思っていない。自分たちには(自分たちよりも下の階層にいる)被害者に対してどんなことをしても許されて当然だと思っている。

では、今回加害者になった東大生たちのような人たちに対して、そうでない(見下される側の)人たちはどうしたらいいのか。その答えは書いてない。

なので、前知識なしにフィクションとして読んでも、読後はもやもやするんじゃないかと思う。ネタバレになるけれども、結局、加害者たちはそれぞれに和解案を受け入れたり、裁判で有罪判決を受けたりはしたけれど、事件そのものを反省はせず、エリート意識はそのまま。被害者となった女子大生も事件後はバッシングを受けたりして事件前と同じような生活は送れないという結末。もやもや。

もやもやは現実だけで、小説の中ではすっきりしたい。

(電子書籍で読了)

ネタバレ禁止が気になる◆『屍人荘の殺人』今村 昌弘

第27回鮎川哲也賞受賞作で、Amazonの作品紹介欄によれば「デビュー作にして前代未聞の3冠! 『このミステリーがすごい!2018年版』第1位 『週刊文春』ミステリーベスト第1位 『2018本格ミステリ・ベスト10』第1位」だそう。

いろいろな書評に取り上げられていて気になっていたのだけど、なにが気になるって、ミステリーだけにネタバレしないように書かれている、隠された部分。犯人がどうこうではなく、もうその設定自体が、ネタバレしたらあかんという状態らしく、なになに、どういうこと、と気になって仕方なくなって、読んでみた。

絶海の孤島とか、山奥の山荘とかで連絡手段がなくなって登場人物たちが取り残されてそこで殺人事件が! みたいな設定を、クローズドサークルというらしいのだけど、このクローズドサークルの作り方が、今までにないものだったので話題になったみたい。加えて、ミステリーとしての根幹の部分もしっかりと踏まえていてストーリーが成り立っているという、絶妙なバランス。っていうのが、いろんな書評をひっくるめて評価されている点のよう。

読んでみて、納得。たしかに、すごいクローズドサークル。すごい謎解き。登場人物が多いし、建物の構造とかあまり気にせずにズンズンと読んでしまったので、どこがどうなっているのかよくわからないまま終盤まできてしまった。が、そこでちゃんと伏線が回収されてトリックの種明かしもあって、はぁぁぁぁ…ってなった。SF的な要素もあるので、マンガとか映画とかになるかもしれない。この、ネタバレ禁止の作品が、今後どうなるのかが、気になる。

フリーランスのお金の話◆『自営業の老後』上田 惣子

マンガでわかる、フリーランスのお金の話。

大きな会社の社員とか、公務員だったらあまり考えなくてもいいのだろうけれど、フリーランス(自営業)の場合は、保険も年金も自分で管理しなければいけないから大変。特に年金なんて、バリバリ働ける若いときにいかにたくさん払っておくか、で老後の資金がかなり違う。

違うということはわかるけれど、じゃあ、何が一番得なのか、自分にできる範囲のお金の面での老後への備えって何? ってことが、おおざっぱにわかる1冊。

しかし、一番びっくりしたのは、フリーランスである著者自身が、この本を書くまで、公的年金を払っていなかったということ。民間の個人年金は払っていたというから、まったく興味がないというわけでもなく、お金がないというわけでもなく、知識がなかっただけなんだろうなぁ。日本の年金制度、よくできているのだろうけれど、ちょっと難しい。なので、自分で調べて勉強するしかない。最近は確定拠出年金などもあるので、上手に活用して老後に備えたいものだ。

ほっこりする関係◆『大家さんと僕』矢部 太郎

かなり話題になっていたので、読んでみた。ほのぼのとしたイラストにじんわり癒されるのだけど、ほのぼのとしたエピソードばかりでもないところがミソ。

普通だったら接点がなさそうな、高齢の大家さんの歩んできた人生とお笑い芸人さんの人生が、大家さんと店子さんとして交錯するところがおもしろい。そしてそれを、ときには面倒だなと感じたり、ときにはかわいらしいなと感じたりする、素直な気持ちがマンガから伝わってくるところが、共感を呼んでいるのだと思う。

第22回手塚治虫文化賞短編賞受賞作。

(電子書籍で読了)

せつない物語◆『青山娼館』小池 真理子

発売当初から気になっていたものの、ハードカバーでは高いなぁと思って、文庫化を待っていた。なかなか文庫化しないなぁと思っていたのだけど、Amazonでは発売日がかなり前なので、しらない間に文庫化していたのに気付かなかったのかも。

ともかく、やっと読んだ。遊郭ものが好きなので、現代の、東京にある娼館が舞台と聞いて興味津々だったのだ。小池真理子氏の著書は初めて。でもイメージとしてはやわらかな官能。そしてその印象は間違ってなかった。

なんというかせつない物語。家族の喪失という悲劇が、登場人物たちの感情のベースになっているけれど、悲壮感よりもたゆたうような頼りない、だれかにすがりたいようなせつなさ。人のぬくもりをもとめて高級娼婦という仕事を選ぶ主人公。恋人、親友を失った悲しみを、静かにゆっくりと埋め合う男女。

信じられないくらいの高額の会費を払ってやってくる娼館の会員達。あくまでも華やかで豪華な娼館を背景に、物語は主人公と彼女をとりまく人たちの過去を探りながら、ゆったりと進む。そしてせつない余韻を残しながらゆったりと幕を閉じる。

結局、人は過去からは逃れられないし、失ったものは取り戻せない。最後はそれを受け入れるしかないのだけども、そこに至るまでにはなにか、過去の自分を断ち切るような大胆な決断や行動も必要なのかもしれない。高級娼婦という仕事を別のものに置き換えれば、身近によくあることなのかもしれないとも思ったのだった。