涼風エリザは庶民っぽい◆ミュージカル『エリザベート』

『エリザベート』帝国劇場 2008年11月3日-12月25日
脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツエ 音楽:シルヴェスター・リーヴァイ 演出・訳詞:小池修一郎 出演:涼風真世(Wキャスト:朝海ひかる)、山口裕一郎(Wキャスト:武田真治)、村井国夫、高嶋政宏、石川禅(Wキャスト:鈴木綜馬)、初風諄(Wキャスト:寿ひずる)、春風ひとみ、 伊東弘美、 浦井健治(Wキャスト:伊礼彼方)ほか

ものすごく久しぶりの『エリザベート』。なにしろプラチナチケットで、ちっとも取れなかったのだった。今回は主演の一路真輝さん交代で、割と取りやすかった。劇場でもらった空席情報、 12月はかなり空き空き。大丈夫か!?

今回は涼風エリザ。一路エリザファンとしては複雑だけど、ま、仕方ない。なんとなく庶民的というか、下町のエリザって感じだった。一路エリザの印象が残っている所為もあるかもしれないけれど、演者の違いに違和感。

涼風真世さん好きなんだけど、お姫様じゃないのよ。『マリー・アントワネット』のときも思ったけど。一路エリザのほうが気品があったなぁ。涼風さんは、キャリアウーマンとか、アネゴっぽい役のほうがいいような気が…。

歌はうまいから、それほどおかしなことにはなってないんだけど、やっぱり私は一路エリザが見たい! って思ってしまった。

山口さんは相変わらず。この役が一番いい。「最後のダンス」を聞いて、ああ、この一曲のために高いチケット代払ってもいいわって思っちゃった。久しぶりに踊っているのを見た。張り切ってるなぁ。

それにしても、久しぶりだったので、「あ、こんな場面も、あんな場面も、そういえばあったなぁ」ってなんだか次々と盛りだくさんで見ていて疲れてしまった。でも楽しかった。

東宝ミュージカル「エリザベート」
http://www.tohostage.com/elisabeth08_09/index.html

Pocket