なんで効くの?◆『鍼とツボの科学』神川 喜代男

鍼やツボなどの東洋医学がなぜ効くのか、科学的に解明しようとしている。…のだけど、私にはなにがなにやらさっぱりわからなかった。ツボと呼ばれる場所は電気の流れが違うとかなんとか…。私にとっては、科学的な説明などどうでもよいので、わからないところを飛ばして呼んでいたら、ほとんど飛ばし読みになってしまった。

そもそも「科学」というタイトルなんだから、こういう読み方が間違っているかも。もっとわかりやすいのかと思ったら、全然わからなかった。でも著者が、非科学的という批判に晒されているであろう鍼やツボを科学的に解明して、医学的に治療の効果があるということを認めてもらいたいという熱意は伝わってきた。こういうことをしている人がいるから、徐々にその治療効果も認められているのだろう。是非是非、もっと研究していただいて、鍼治療がメジャーな医療に取り入れられるようになればいいと思う。

Pocket